不用品回収の活用シーン!当てはまるケースはある?

2021年6月30日

引っ越しで捨てたいものが多い

不用品回収は引っ越しのときによく活用されています。引っ越しのときには運ぶものをぎりぎりまで絞り込まないと引っ越し費用が高くなってしまいます。使い古した家具や古くなった家電を処分してしまいたい、着なくなった衣類もこれを機会にして捨ててしまいたいと思うでしょう。捨てたいものがたくさんあるとゴミに出すのも一苦労です。特に引っ越しのときには時間がないことが多く、ごみ収集のスケジュールに合わせて全てのごみを出せないこともあります。不用品回収なら指定した日時に来てくれるので、ギリギリになってしまっても処分が可能です。可能な範囲で処分を進めておき、残ってしまったものは引っ越しの日に回収に来てもらうという使い方はよく選ばれています。

自宅の整理をしたら捨てるのが大変なゴミが出た

年末に大掃除をしたり、進学や就職などで自宅の整理をしたりしているとゴミが出てくるでしょう。その中に捨てるのが大変なものがあったら不用品回収を使うのに適しているシーンです。例えば、今まで子供部屋が兄弟で共通だったけれど、就職した長男が出ていくので部屋の整理をするケースがあります。ベッドが二つあったけれど一つでよくなってしまい、処分したいと思ったら部屋から出せなくて困ることがあります。このような際に不用品回収を使うとベッドを解体して回収したり、ベランダからクレーンで運び出したりしてくれるでしょう。大きいサイズの場合だけでなく、小さくても種類が多くて分別が難しいという場合にも対応してくれます。

不用品回収を埼玉でしてもらうには、自治体の回収以外にも専門業者を利用できます。回収してもらいたいものをリストアップしてから、電話で確認してみると良いでしょう。